TalesWeaverとかのBlog 作画:那智とん


by yurumate

僕と絵。

絵を描き始めたのは、高校2年生ぐらい。
ちょっと小手先のデッサン力があるからって、
鉛筆でぐりぐり描いて、上手い気になってた。
でも、ただそれは、周囲が絵を描かないからだけだった。
大学に入って、本格的に絵を始めようと思った。
講義もろくすっぽ聞かず、
机にごりごり絵を描いた。
そして、2年。
結局、誰かの描いた絵のオマージュの塊でしかないのだと知る。
この絵師が好きだからこんな絵を描きたい。
それで、鉛筆も何も、そんなもんに縛られてただ、
線を引いていただけだった。
つまり、僕が描いていたのは絵ではなかったのだ。
ただの、「線の集合」だったのだ。
そして、僕は絵を描かなくなった。
あれから5年。
僕は、再び絵を描く機会に恵まれる。
「ネクソンがキムチパーティやってるから、
         お絵かきチャットで絵を描こうぜ!」
ネトゲ友達のちょっとした誘いだった。
マウスで、へたくそながらも線を必死に引いた。
ガタガタの線でできあがったそれは、
誰かの絵の偽物だったのかもしれないけど、
自分の中で、「絵は楽しいもの」だと認識させてくれた。
某T氏はこう言ったと言う。
「デッサン本を何百回も模写してやっと描けるようになった」
だから、僕も、色々な好きな絵師の絵を模写して、
少しずつ、自分のカタチを作ろうと思う。

「俺なんてまだまだ下手っすよwww」

上手い人はよくこういう風に言う。
無意識の厭味だと、人は言うかもしれない。
でも、誰もが発展途上なのだ。
完成された絵は、自分が納得したレベルに達して、
やっと「描けた」と言えるところなのだ。
だから、言わせてあげて欲しい。
自分から見た観点だけで人を評価してはいけない。
彼、彼女が本人から見た観点で、
「まだまだ上手くない」と、評価した事実も忘れないで欲しい。
そして、みんなが完成した絵を目指してるのを忘れてはいけない。
お互いを尊重して、お互いに切磋琢磨して、
そして、みんな自分の絵を見つけていくのではないだろうか。

楽しく描けないのは絵ではない。
ただの線の集合体である。
面倒なのは、彩色作業ではない。
時間の浪費だ。
必要なのは何だろうかと考えてみたとき、
それは、少なくとも下手くそだと思った絵を描いた、
後悔では決してない。
だから、僕は下手くそだったり、
失敗した絵も全部BlogにUPしている。

「足りないのは小手先のデッサンではない」

絵に対する、心構えとかそういうものからではないだろうか。
もう一度、紙やキャンバスと向かい合って、
話をしてみるといいと思う。
[PR]
by yurumate | 2008-01-03 23:50 | お絵描き